■つねはる日記■

宮城県議会議員「さかい つねはる」の勤務日誌。
彼の動向を知るならココ!
NPO法人びーのびーのを視察

1526457146603.jpg
1526457157938.jpg
1526457164990.jpg
神奈川県横浜市にある、NPO法人『びーのびーの』を視察致しました。

同法人は、核家族化や少子化が進行することにより、地域的なつながりが薄れる中、子育てに悩む親を支援するとともに、子どもたちの健全な育成をめざし、地域の中で支え合い育て合うための施設運営事業等を行う為、2000年から活動を開始。

商店街の空き店舗を借り上げて子育て当事者が立ち上げた子育て広場『おやこの広場びーのびーの』、地域子育て支援拠点どろっぷ・どろっぷサテライト、小規模保育事業『ちいさなたね保育園』、預り保育事業『まんまーる』、地域福祉交流スペース『COCOしのはら』等、地域で共に育ち合う子育て環境づくりを目指して、様々な事業を行いながら、幅広い活動をしております。

お忙しい中ご対応いただいた、理事長の奥山様をはじめ、スタッフの皆様には心より感謝を申し上げますとともに、東日本大震災後、被災地への継続的なご支援をいただいていることにも、重ねて感謝を申し上げます。
| - | 19:47 | 境 恒春 |
本吉町大谷地区で意見交換
1526372573100.jpg
弔問等終了後、本吉町大谷地区にて、住民の皆様と地域の課題について、意見交換をしております。
| - | 17:23 | 境 恒春 |
自然エネルギーによる地域再生フォーラム
1526195424768.jpg

1526195432696.jpg
仙台市にある、せんだいメディアテークで開催された、自然エネルギーによる地域再生フォーラム上映会&トークイベントに出席しております。

原発事故後に福島県の酒蔵の当主が立ち上げた会津電力、放射能汚染で居住制限区域となった飯館村で畜産農家が立ち上げた飯館電力、岐阜県の石徹白(いとしろ)集落の存続のために100世帯全戸が出資をした小水力事業、秋田県にかほ市の市民風車、森林資源を生かしたビジネスを立ち上げる岡山県西粟倉村の取り組み等、自然エネルギーによる地域再生を目指す、これからの時代の豊かさを問いかける映画でした。

イベントをご紹介いただいた菅間県議には、感謝申し上げます。
| - | 16:10 | 境 恒春 |
一般社団法人『コ・エル』/本郷食堂を視察
1525921928180.jpg
1525921936472.jpg
気仙沼市内にある一般社団法人『コ・エル』/本郷食堂を視察致しました。

同法人は、高次脳機能障害者家族会が、地域交流会において、高次脳機能障害者や様々な障害への理解と社会参加のあり方、障害者福祉ネットワークの大切さを考え設立されました。

昨年6月に就労継続支援A型事業として開所された本郷食堂では、食事もいただきながら、食堂での接客等を通して障がい者が自立を目指す取り組みについて、意見交換をさせていただきました。
| - | 12:12 | 境 恒春 |
『ケアホームめぐみ』を視察
1525915528894.jpg
1525915538832.jpg
1525915547426.jpg
宮城県議会障がい者福祉調査特別委員会県内視察の為、気仙沼市本吉町にあるNPO法人泉里会『ケアホームめぐみ』に来ております。

同施設は、グループホーム、ショートステイ、日中一時支援事業所を運営しており、今回の視察では、障がいがある人への家庭的な環境でのケアについて意見交換を行いました。
| - | 10:26 | 境 恒春 |
大川小学校国家賠償等請求控訴事件に係る議員全員協議会
1525837489576.jpg
仙台・議会庁舎におります。

石巻市立大川小学校国家賠償等請求控訴事件に係る上告及び上告受理申立てについて、県議会議員全員協議会に出席しております。
| - | 12:45 | 境 恒春 |
川崎市役所を視察
1525816662531.jpg

DSC_0001~3.JPG
神奈川県にある川崎市役所を視察致しました。

昨年の県議会一般質問にて参考事例として紹介した、川崎市が行っているAIを活用した問い合わせ支援サービス実証実験について、実証実験の概要、経緯と目的、webアンケートや職員ヒアリングの結果、行政におけるAIの実用化等について、川崎市総務企画局情報管理部ICT推進課の方々から、お話を伺わせていただきました。

川崎市では、静岡県掛川市と(株)三菱総合研究所による『AIを活用した問い合わせ支援サービスの研究』をテーマとした、子育て制度に関する対話型FAQサービスの実証実験に参画する形で協定を締結し、ホームページや冊子等に掲載されている子育て関連情報の中から、市民が必要としている情報を絞り込み、わかりやすく提供するツールとしてAIの活用を検討するとともに、行政におけるAI活用の可能性についても広く調査・研究をしております。

今後の行政運営にあたって、少子高齢化、人口減少、財政状況の厳しさが増す中、市民ニーズや地域の課題を的確に把握しながら、必要なサービスをより質の高いサービスとして提供していく必要があるとともに、行政におけるAIの活用については、その特性を考慮しながら多くの分野で利用促進を図り、自治体の業務効率化と市民サービスの向上につなげていく等、AIを効果的に活用するためのデータの量的・質的向上が必要不可欠であることが、あらためて認識することができました。

ICT推進課との意見交換終了後、経済労働局イノベーション推進室の方々から、川崎市ウェルフェアイノベーション推進計画・かわさき基準認証制度等についてのお話を伺わせていただきました。

ウェルフェアイノベーションとは、産業と福祉の融合で新たな活力と社会的価値を創造を目指していくというもので、川崎市では、約300の企業・福祉事業者・大学・研究機関等様々な主体によるネットワークを形成しながら、将来的な福祉課題に先行的に対応していく製品・サービスづくりを進めております。

同市は全国でも唯一、川崎市独自の福祉製品のあり方を示す『かわさき基準』による認証制度を2008年に創設し、2016年度末までに196の製品認証を行ってきた他、産業側のシーズと福祉側のニーズを組み合わせた新たな製品、サービスの創出、活用に向けた取り組みを展開してきました。

かわさき基準認証による在宅や施設への良質な製品の導入と普及促進、ウェルフェアイノベーション施策の現状と課題等について意見交換をさせていただきました。

お忙しい中ご対応いただいた、川崎市総務企画局情報管理部ICT推進課長の三上様、係長の小西様、春日井様、経済労働局イノベーション推進室担当課長の福田様、係長の滝口様、坪内様、また、調整いただいた川崎市議会議会局政策調査課課長補佐の大西様には、心より感謝を申し上げます。

ありがとうございました。
| - | 08:18 | 境 恒春 |
公益財団法人『東京都環境公社 東京都地球温暖化防止活動推進センター』視察
1525755007973.jpg
東京都新宿区にある、公益財団法人『東京都環境公社 東京都地球温暖化防止活動推進センター』 を視察致しました。

同センターは、東京都や区市町村等と連携し、中小規模事業所や家庭部門の温暖化対策の拠点として、地球温暖化防止に関する普及啓発の他、事業者や都民が取り組む地球温暖化防止活動に対する様々な支援を行っております。

東京都は、2020年のオリンピック・パラリンピック競技大会とその後を見据え、環境政策と経済成長を両立させた政策展開として、平成28年3月に東京都環境基本計画を策定しました。

2030年までに、東京の温室効果ガス排出量を2000年比で30%削減、またエネルギー消費量を同じく2000年比で38%削減する省エネルギー対策・エネルギーマネジメント等の推進、都内の再生可能エネルギーによる電力利用割合を2024年までに20%程度、2030年までに30%程度に高める再生可能エネルギーの導入拡大、都内の燃料電池自動車の普及台数を2030年までに20万台、都内の水素ステーションを2030年までに150箇所整備する水素社会実現に向けた取組、また、各家庭における省エネルギー対策への支援について、お話を伺わせていただきました。

お忙しい中ご対応いただいた、温暖化対策推進課長の池上様には、心より感謝を申し上げます。

ありがとうございました。
| - | 07:37 | 境 恒春 |
立憲民主党への入党申請

昨年の衆議院選挙で、私が所属する民進党は3つに分裂してしまいました。

本当であれば、3つの野党が一緒になるべきだと思うのですが、方向性の違い等もあり、残念ながら、その民進党もなくなってしまうことになりました。

しかし、今後、巨大与党と対峙できる野党勢力を結集するにあたり、中心にならなければならない政党は必要です。

そこで、この度、安全保障や憲法観等の政策や理念の近い、立憲民主党への入党の決断をさせていただきました。

また、これまで野党共闘してきた宮城県の自治体議員は一枚岩であり、結束は変わらないと私は思っております。

ご支援とご協力をいただいている皆様におかれましては、何卒ご理解の上、引き続きのご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。

| - | 12:33 | 境 恒春 |
イオン前街頭活動、大谷地区で意見交換
1525342203073.jpg

1525342210583.jpg
イオン気仙沼店前にて、ご通行中の皆様に、ご挨拶をさせていただきました。

お声をかけていただいた皆様、ありがとうございます。

街頭活動後、本吉町大谷地区にて、住民の皆様との意見交換がありました。
| - | 19:10 | 境 恒春 |
<< | 2/507PAGES | >>
境 恒春
(さかい つねはる)
profilephoto
■生年月日:1979/3/25
■出身地:宮城県気仙沼市
■血液型:A
■好きなスポーツ:卓球、サッカー
さかいつねはるオフィシャルサイト
LINKS
SELECTED ENTRIES
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES