■つねはる日記■

宮城県議会議員「さかい つねはる」の勤務日誌。
彼の動向を知るならココ!
<< 『自動運転の法整備・国際基準化の最新動向』セミナー聴講 | main | 松岩地区新年交歓会、大島地区新年交歓会、新月地区新年交歓会 >>
『AI×インターネットが創るモビリティの未来、自動運転バスの実用化』セミナー、他

DSC_0003~22.JPG
昨日に引き続き、東京ビッグサイトにて、以下、セミナーを聴講致しました。

(株)ディー・エヌ・エー(DeNA)フェローの二見徹氏による『AI×インターネットが創るモビリティの未来』

SBドライブ(株)代表取締役社長兼CEOの佐治友基氏による『自動運転バスの実用化について』

二見氏からは、IoTの普及によって、今後のインターネットはバーチャルからリアルに進化すること、『通信』領域の技術的革新であるインターネット、『輸送』領域の自動運転、『動力』領域の再生可能エネルギーという、産業革命の3条件と言われる『通信、動力、輸送』がIOTによって融合される世界の革新と実現、ビックデータ×インターネット×AIによる生産性向上(AIを活用したタクシーのお客様探索ナビ等)、AIを活用した事故削減支援サービス、シェアリングエコノミー、横浜市におけるタクシーの自動運転の実証実験、EVと再生可能エネルギー、災害時にも停止しない快適なスマートシティ等について。

佐治氏からは、ハンドルがない自動運転バスの国内実証実験、実用化に向けた取り組みとバスの運転手不足解消及び、車内安全性の確保、北海道十勝管内の上士幌町における、ハンドルのない自動運転バスが公道走行する実証試験(町内のスーパーと住宅地の約1.2kmを、お客と荷物を載せて往復運転し、買い物が不便な地域で、高齢者が使える新たな移動手段として将来の実用化が期待されている)等について、お話を伺わせていただきました。

また、自動運転EXPOにおいて、ソフトウェア開発等を行う、衫床肇轡好謄爛沙唆隼業部の産業ソリューション部の係長等と意見交換しました。

同社は、群馬大学と自動運転に関する共同研究契約を結んでおり、自動運転用の車載コンピューターの動作を、仮想空間上の車両や道路で試験研究している実例を見させていただきました。

本日のセミナーや意見交換を参考に、地方における交通手段の維持・確保に向けた取り組みを加速していきたいと考えております。

| - | 15:19 | 境 恒春 |
境 恒春
(さかい つねはる)
profilephoto
■生年月日:1979/3/25
■出身地:宮城県気仙沼市
■血液型:A
■好きなスポーツ:卓球、サッカー
さかいつねはるオフィシャルサイト
LINKS
SELECTED ENTRIES
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
CATEGORIES
ARCHIVES